「大学の先生って、休みが長いんですね~」とよく言われる。

そうはいっても、自分が学生のときに比べると夏休み(夏期休暇)は格段に短くなっている。大体、8月初旬まで定期試験があって、採点やらなんやらで、お盆前までバタバタしている。

それでも、私も娘からも「パパ、お仕事は?」と言われたりもする。

9月中旬まで夏期休暇、なんて職業はやはり少ないだろう。

こういう状態なので、「夏休みって、大学の先生は何しているんですか?」と聞かれることがときどきある。

大学の教員の中には、夏期休暇を利用して海外に視察・調査に出かけたりする先生もいるだろう。

しかし、社会福祉系の教員にとって夏期休暇とは「実習巡回の夏」なのである。現任校では、実習はお盆前後から始まることが多い。

もちろん、ほとんどの学生は無事に実習をこなしている。しかし、中にはどうしても心配な学生がいるし、実習前の生活態度から「やっぱり引き取りにいくことになっちゃったよ」と残念な結果に終わる学生もいる。

現任校ではそうでもないが、前任校では1週間家に帰れず、「地方巡回の旅」を続けたこともあった。熱中症でフラフラになりながら、キャリーバッグをもって高速バスや特急列車で移動していく旅である。

実習に出している以上、気が抜けない日が続くのである。

携帯は常に電源Onだし、夜中の1時過ぎに「先生、実習記録が書けないのです。何を書いたらいいですか?」と聞いてくる学生や、電話に出た途端に「せんせー、せんせー。もう実習いやだよ!」と泣き出す学生…。

しかし一方で、この時期でないとできないこともある。それは、「論文を書く」というお仕事である。

普段は授業準備などに追われているので、ゆっくりと資料を読み、論文の構想をまとめ、 パソコンに向かって 書いては消し、書いては消し、という作業が続く。それでも、深夜家人が寝静まった後に、ゆっくり物ごとを考えられるのは、この時期ならではの至福の時間なのである。

その他にも、大学本体のお仕事があったりと、意外と休めるようで、休めないのが夏期休暇である。今年も、こうして夏期休暇が間もなく終わる。

Posted by 井上 浩Category : その他Comment : 0

Leave a Ready

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です